2012年12月08日

スジャータとわたし


はじめましてこんにちは、すじゃこです。
ご存知の方も多いと思いますが、わたしの趣味はスジャータのトラックを見つけて写真を撮ることです。
ス写真は4年ほど前から集め続けており、この度はその保管場所を作るためにブログをはじめてみました。




ーーースジャータとの出会いは2009年。
わたしは当時、大学受験のためにちょろちょろと勉強をしていました。ある日、世界史と倫理で仏教について学んでいたとき、先生がブッダが悟りを開くときのことを詳しく話してくださいました。
以下その簡単なまとめ(諸説あり)。


苦行を重ねたブッダは、その苦行だけでは悟りをひらくことはできないと感じる。
飲まず食わずで疲れていた彼のもとにスジャーターという女がやってきて、乳粥を供養した。 
その乳粥を食べて元気を出したブッダは沐浴をし、12月8日に菩提樹の樹の下で悟りを開いた。


わたしはこの話自体にも感動しましたが、あることに非常に感銘を受けたのです。
それは、日本の乳製品メーカーである名古屋製酪株式会社(通称めいらく)の製品「スジャータ」の名前の由来がこの話からきていたことです。
乳製品→乳粥→スジャータ!!なんという社員さんの教養の深さ。すごい。
こうしてわたしはスジャータのファンになり、可愛い可愛いスジャータのトラックの写真を集めることが趣味となったのでしたとさ。
 

とまあそんな感じで撮ったス写真をツイッターに上げ続けて約半年 。あるとき友人から妙なリプライをもらいました。
「お前、スジャータの写真のブログまではじめたの?」
わたしには心当たりはありませんでした。そして教えてもらったブログをのぞいてみてびっくり。スジャータのトラックの写真を集めている人がわたし以外にもいたのです。

褐色の恋人

びっくりしてすぐメールを出して、スジャー隊として仲良くさせていただいているので、ともどもよろしくお願いします。

それでは最初はこのあたりで失礼します。
すじゃこ

 

posted at

このブログについて